本文へスキップ

アナログ MCA, ADC, SDD AMP, 蛍光X線関連の開発、研究を主な業務としています。>Laboratory equipment corporation

ソフトのダウンロードreport


旧製品の起動アプリケーション等を公開しています。




 ▼現行製品ソフトウェア▼

 USBMCA Control program 5752basic

 mFKR USB MCA Control Program

現在ラボで販売しているMCA2318シリーズ(2318-H/2318-L/2318-E)に対応しています。
mFKR USB MCAの方は5752basicよりも後発の物で、バイナリからアスキーにも対応した物となりました。
エクセルによるデータの読み込みが可能です。ベクレル等のコマンドはオプション機能で、通常は使いません。

 ▼旧製品ソフトウェア▼

 2100CMCA

 NZMCA

 RZMCA

 MCA98BWin

Win7以降のFTDIUSBドライバインストールについて

Win7以降のOSに対応したドライバが出来た様ですので、CD内の“FTDI ドライバ”に入っているEXEファイルを
右クリック > 管理者として実行
で インストール可能になったようです。

CD内に“FTDI ドライバ”“旧FTDIドライバ”フォルダが見当たらない場合は、
FTDIホームページより最新版のドライバをダウンロード可能です。
ドライバは、
トップページ > Drivers > D2XX Drivers > Currently Supported D2XX Drivers
からダウンロードできます。

ネットワークにつなげない方は下記の方法をお試し下さい。
 *Win8以降は下記の方法ではインストールできないようです。
 もし、下記の方法で不完全にインストールしてしまった場合は、
 デバイス マネージャー の黄色い警告の様なマークがついたものを
 右クリック > プロパティー > ドライバー のタブから 削除 して、
 FTDIホームページより最新版のドライバをダウンロード、インストールして下さい。


[ドライバ署名の強制を無効化]

まず、Win7以降は署名の無いドライバーをインストールすると、
エラーが出る場合がありますので、
起動時にF8を押して下さい。

電源が切れている時点でF8を押し、
いつもと違う画面が出てきたら、F8をはなして下さい。

「ドライバ署名の強制を無効にする」を↓で選択してEnterを押して下さい。


[ドライバのインストール]

ドライバが必要な機器をPCにUSBで接続して下さい。

FTDI USBドライバを含むCDを挿入して下さい。

スタート > コントロール パネル > ハードウェア と サウンド >
  デバイス マネージャー
の順に開いて下さい。

デバイス マネージャー の他のデバイスの欄に三角の黄色い警告の様なマーク
が有るかと思います。

*それを右クリックして「ドライバーソフトウェアの更新」をクリックして下さい。
 コンピューターを参照して ドライバー ソフトウェア を検索します を選んで下さい。
 参照からCD内の「FTDIドライバ」のファイルを選択して下さい。
 次へを押すとインストールが始まります。
 終わりましたら閉じるを押して下さい。

これで USB Serial Converter のインストールは終わりました、
次は USB Serial Port です、
もう一度 * を繰り返して下さい。

インストール完了です。

ラボラトリ・イクイップメント・コーポレーション

〒305-0035
茨城県つくば市松代3-19-4

TEL 029-850-3333