本文へスキップ

アナログ MCA, ADC, SDD AMP, 蛍光X線関連の開発、研究を主な業務としています。>Laboratory equipment corporation

見出しHEADLINE

    製品紹介schedule



    


 本製品MCA3200とMCA2200、MCA2318及び旧製品(2100C/MCA、MCA600等)との主な違いは、
使用しているAD変換機が最新型(ADC3200)である事です。8Kchで真のMCAといえる微分非直線性を実現した
理想的なMCAとなりました。微分非直線1%とはADCの分解能が12μV以下の性能を必要とします。
温度特性も数10ppm、長期安定性も数10ppm以下で初めて実現可能となります。

弊社40年の放射線測定機開発と技術の集大成として、自信を持ってお奨めできるMCAです。

  ※MCA(PHA)、MCS、その他のハードウェアと統合環境するソフトウェアで快適に使用していただく為に
   パソコンと共に御購入いただくことをお奨め致します。

       価格 ¥700,000(税込¥770,000)
  パソコン付価格 ¥800,000(税込¥880,000)

スペック ADC分解能:8192ch/4096ch/2048ch/1024ch/512ch
AD変換速度:1.2μSec
ADC積分非直線性:0.025%
ADC微分非直線性:1%     (微分非直線性とは?PDF参照)
温度特性:10ppm
長期安定:10ppm
入力信号:BNCコネクタ(10V、8V、切替スイッチ)
GATE入力:BNCコネクタ

MCSIN:TTLレベル
MCSSTART:TTLレベル
MCSSTOP:TTLレベル
MCSEXTCLK:TTLレベル

MCAメモリサイズ:8192ch(24bit/ch)
ADCデータ収集性能:割り込み応答速度(150ns固定) 32bitAddOneサイクル700ns以下
ホストパソコンIF:USBインターフェースFull Speed(12M)
所要電源:6V1A ACアダプタ
外形寸法:175mm x 175mm x 35mm

協力企業及び団体
       (敬称略)





過去に参加した展示会等↓













newpage9.htmlへのリンク