本文へスキップ

アナログ MCA, ADC, SDD AMP, 蛍光X線関連の開発、研究を主な業務としています。>Laboratory equipment corporation

見出しHEADLINE

    製品紹介schedule


    


 MCA2200-Fシリーズは、シングルMCAから、DualMCA、TimeList等の多種多様なデータ収集システムを1chから
数千台の大規模システムまで、スケーラビリティに対応できる意味で、システムMCAと位置づけています。
1台のミニタワー型のパソコンをUSB電源とGigaビットネットワークハブとして使用することで、本体はコンパクト
ながら大規模かつ高速のデータ収集システムを構築する事ができます。
 ▲写真:4台のMCA2200-Fを同期し、システムアップした状態。

 外形寸法はリプレイス品であるMCA2200-Rと同一ですが、中身は別物となっております。
高性能なAD変換にADC2318のさらに上位機種を採用し、USBインターフェースも480MのFastSpeedによって
より高速なマルチパラメータ測定やTimeListの計数率が飛躍的に向上しています。
MCA2200-FシリーズはMCA2200-FS(single)、MCA2200-FD(dual)、MCA2200-FT(timelist)へ、
ADC1台のシステムから1ユニットに最大3台までADCを搭載したものまでオプションで追加可能です。
入力信号を三種類まで同時に処理できるという性質上、2200-FTは旧製品LN9000の後継機種の側面もあります。

 ▲写真:最上位機種のMCA2200-FT内部。内蔵しているADCが通常の三倍。

 システムMCAとして使用するために、外部同期信号や、高分解能DA変換機やV/F、I/F、モーター制御など
従来のLabo製品のDNシリーズも順次、新しくフルラインで発売を予定しております。
高速度高性能のアナログモジュール、X線検出機用のSDDAMPは年内のリリースを考えております(2017/8/4現在)。

その他、システム構築に必要な機能がありましたら、御気軽に御相談ください。

スペック 価格:2200-FS ¥600000
   2200-FD ¥700000
   2200-FT ¥800000

ADC分解能:8192ch/4096ch/2048ch/1024ch/512ch
AD変換速度:1.2μSec
ADC積分非直線性:0.025%
ADC微分非直線性:1%     (微分非直線性とは?PDF参照)
温度特性:100ppm
長期安定:100ppm
入力電圧:8V、10V、BNCコネクタ
GATE入力:BNCコネクタ

 ※MCS機能はオプションになります。
MCSIN:TTLレベル
MCSSTART:TTLレベル
MCSSTOP:TTLレベル
MCSEXTCLK:TTLレベル

MCAメモリサイズ:8192ch(24bit/ch) 4096chx2(24bit/ch) 4096ch(32bit/ch)
ADCデータ収集性能:割り込み応答速度(150ns固定) 32bitAddOneサイクル700ns以下
ホストパソコンIF:USBインターフェースFast Speed(480M)
所要電源:USBバスより150〜200mA
外形寸法:175mm x 175mm x 35mm

ラボラトリ・イクイップメント・コーポレーション

〒305-0035
茨城県つくば市松代3-19-4

TEL 029-850-3333





newpage9.htmlへのリンク